2月24日、清藤部会長を始め役員メンバーにて宮城県七ヶ浜町の東日本大震災慰霊碑の慰霊法要を行い、周辺の復興状況を視察いたしました。

法要の導師をお勤めになられました、当部会の先輩でもあられます鈴木俊龍師より慰霊碑建立への経緯のご説明を頂き、
その後バスにて実際の津波被害にあった現場を巡り、当時の被災状況の生々しい様子や、現在の復興の様子などをご説明頂きました。

その後のごんきや セレモニア多賀城 橘会館にて行われた役員会におきまして、今年度の部会活動の詳細について話し合いを行いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です